This page is intended for users in Vietnam. Go to the page for users in United States.

What we do

株式会社ミナデインは街づくり事業を基軸とし、居酒屋業態・カフェ業態などの外食産業、コンサルタント事業・プロデュース事業など、様々な分野に挑戦しています。 2018年に創業したスタートアップ企業であり、メンバー全員が自立心と自由な発想を持つ事で、世の中の常識に捉われない、新たな価値提供を生む事を日々探求しています。 ■私たちが解決しなければならない問題 現在山林などに囲まれた田舎と呼ばれる地域では、多くの野菜が廃棄になっています。 これは、家庭菜園や市民農園などで育てた野菜は、市場に売れるほどの生産量は無く、自らの家庭内でも消費をしきれないためです。 私たちは、手間暇をかけて育てたこの資源(野菜)を循環させる事で、当問題を解決に導いていきたいと考えています。 その方法と致しまして、余った野菜を持参し、弊社のレストランで加工を行い、他の住民の方々に料理や粗品として提供する、次世代型レストランを作っていきます。 そこで出た利益の一部を市民農園に再投資し、生産量の増加・質の向上を住民の皆様と共に進めていきます。 また、都市開発事業会社と連携し、既存の飲食店のアップデートも行います。 その結果、地域の価値を高める事に繋がり、住人の方が「より豊かな生活を出来る」街づくりを行なっていく事が、私たち最大のミッションです。 ■近未来型レストラン(外食産業) 近未来型レストランとは、市民農園などで生産された有機野菜において、家庭で消費しきれない分をレストランに持参して頂き、住民の皆様に還元していく、次世代型のレストランです。 持参して頂いた野菜を調理・加工などをして、住民の方に販売・配布していく事で、廃棄野菜の減少を図ります。 また、ご自身で手間暇をかけて育てた野菜を他の住人の方に食べて頂く場所です。 そこで、住民の方との交流が生まれ、様々なご要望やご意見を頂ける事で、新商品の開発を行います。 「住民の方も商品開発に参加出来るレストラン」 これが次世代型レストランのもう一つの特徴です。 私たちは2018年9月に東京都港区新橋に本店となる居酒屋業態とカフェ業態をOPENし、現在は少数精鋭ながら、各メンバーがプロ意識を持つ事で、接客や提供の速さ・質にこだわっています。 そのノウハウ・経験を当レストランでも活かし、住民の方にご満足頂けるレストランとしていきます。 現状に満足する事なく、「お客様を笑顔にするためにはどうすれば良いか?」、「関わって頂ける方を豊かにするにはどうしたら良いか?」という問いを日々探求し、常に挑戦心と遊び心を持って、より良い空間を提供していきます。 ■コンサルタント・プロデュース事業 ミナデインには多様なメンバーがいます。 それぞれの経験やノウハウを活かし、どの業界においても必要なコンセプト設計・プロデュース・オペレーション(人員配置)の創造をしています。 特に街づくりにおいてプロデュース事業は必須となります。 「近未来型レストラン」だけではなく、地域活性化の為にイベント開催なども行なっていきます。 また、コンサルティング事業として、外食産業はもちろんのこと、ヘルスケア会社のコンサルタントなども行なっています。 ■新事業への挑戦 ミナデインは創設して間もないスタートアップ企業です。 また、弊社の理念の一つに「遊び心」がございます。 私たちは事業は一つの手段と捉えています。 目的である「関わる人々を豊かにする為にはどうしたら良いか?」を常に探求しているため、固定概念や一事業に固執することはありません。 そして、固執をしない為には「遊び心」を持つ事が大事だと考えています。 今後もより多くの新事業に挑戦していき、価値提供の幅を広げていきます。

Why we do

「人と人とのつながりで、関わる人々を豊かにする」ことが私たちのビジョンです。 街づくり事業の一つにあります「近未来型レストラン」では、住人の皆様と直接的に接客・会話が出来るため、より良い手段として捉えています。 近年では様々な分野において、デジタル化が進んでおりますが、直接的に接する事が出来るアナログだからこその価値提供もしていきたいと考えています。 美味しい食事、お酒・話し相手・ストレス解消など、レストランにご来店頂いたお客様にはそれぞれの想いがあります。 ご来店頂いたお客様には「心暖まる空間を提供し、思い切り楽しんで頂きたい」 そして、翌日以降のお仕事や生活の糧として頂けたら、より良い社会の実現に貢献が出来ると考えています。 また、企業として成長していく為には、デジタルの力も必須と感じています。 既存のサービスのデジタル化、関わる人々を豊かにするための新サービスなども今後取り組んでいく所存です。 「デジタルとアナログの融合」は弊社が今後目指していく方向性となります。 今後も「関わる人を豊かにするためにはどうしたら良いか?」という問いを常に模索し続けていきます。

How we do

現在は街づくり事業の先駆けとして、都市開発事業会社と連携し、次世代型レストランを開始しています。 また、化粧品会社のコンサルタント事業やイギリスにおいてプロデュース事業も行っています。 東京都新橋では、10名ほどでカフェ・居酒屋業態の運営も行なっています。 メンバーには豊富な飲食経験があり、接客・オペレーション(人員配置)のプロや業態の未経験者ながら、「関わる人を幸せにする」仕事をしたいというメンバーなど、多様なメンバーが在籍しています。 各メンバーによって経験も異なる為、一つの業態や事業に固執する事なく、「ビジョンを達成する為にはどうすれば良いか?」を常に模索しています。 また、「自分自身が楽しむ事を忘れない」というのも大切にしています。 レストランにおいては、自身が楽しむ事が出来なければ、お客様により良い接客は出来ません。 マニュアルにあるような接客ではなく、活きた接客を常に心がけるようにメンバー間で共有しています。 また、楽しむ事で自由な発想を持つ事が出来るとも考えています。 一つの自由な発想が新事業へ繋がるため「自身が楽しむ」ことも大切にしております。 「作る笑顔ではなく、本当の笑顔」で今後も関わる人を豊かにする事業・企業に成長させていきます。