1
/
5
This page is intended for users in Vietnam. Go to the page for users in United States.

開発未経験なアラサーBAの独り言

こんにちは、先日「机の色と肌の色が同じだね」とコメントされたBAのミシェルです。日焼け効果で蚊に見向きもされな(刺されにく)くなりました。前回はダナンでのビーチランとカフェについて熱弁したので、今回はお仕事の話を少し。今の職場とこれまでの職場で大きく変わったことについて書きます。

1つ目は「若いテックの会社に入った」です。

こちらの会社ベトナム人エンジニアは大体20代なかばぐらいです。

で、僕のように30超えててしかも開発未経験者だけど大丈夫なの?しかも英語でエンジニアと会話できるのかしら?と思われるかもしれないですが、最初は全然できません。「カラム値」「スクリプトを走らせる」「queueを並列で処理」「API判定」などなど、最初は脳みそにインプットできない用語たちが出現します。お前は誰だと思いながら、あーまた君かと慣れて、なぜ彼らはその動きをするのか自分なりに理解できるよう質問し(教えを請い)まくっています。画面みながら説明してもらっているうちに「ここの動きのことね」に自然に置き換わっていきます。肌のみならずOSが書き換えられていく過程にいます。CPUもできれば会社経費でアップグレードしてほしいです。

一回り年の離れたエンジニアたちに助けらながら徐々に理解を深めていく感じですが、一緒に働いていて年齢の差を感じることはあまりありません。対等かつ率直に議論して物事を決めていっています。チーム感は持ちつつも、個々人は独立しているという、うまく言い表せないですが「一枚岩とは異なる働き方」が今いる職場の特徴です。

2つ目は「売る側から作る側になった」です。

これまでの売るという立ち位置から開発というその対局でお仕事をしています。ここでも「アジャイル」「スプリント」「WBS」「本番デプロイ」などなど、聞き慣れない用語がわちゃわちゃ登場します。エンジニア8割のモノづくりの現場で、開発のスピードも早いです。最初は躓きます。説明して仕様書にも書いたから大丈夫と思いきや、一部にはキチンと伝わっていなかったりと、モノづくりの大変さを実感しています。でも失敗の積み重ねから本気で学べるという経験は実はそうそうないことです。そして毎日が濃いです。

僕の今いるチームでは2週間に1回、スプリントレビューという報告会があり、開発中のサービスをデモでお披露目します。担当案件が仕様書から形になっているのをみると、ホッとしたり、じわーっと嬉しかったりします。実際にコードを書いて作っているわけではないですが、[X]人[X+1]脚状態で関わることでサービスの裏側(システム)に対して新しい見方をしつつある自分がいます。

というわけで入社当初は、全方位から放たれる日英スラックビームにキョトンとしていましたが、4ヶ月目の現在はやたらと打つが当たらない質問スナイパーとして迎撃・被弾する日々を過ごしています。ご褒美にいつか堅牢な全身防弾スーツを支給してもらえると信じています。文章のインテグレーションに不具合が起きているようなので今日はこのへんで。

最後に一言。「ミシェルさん歳より若く見えるね」と本心からなのか優しさからなのかわかりませんが、イジってくれる(多分読んでないだろうけど)エンジニアの皆さんありがとう。


▼ATブログではそんな社員の日常やITについて、ダナンについての情報を発信しています!

https://asiantech.vn/blog

▼BAの仕事に興味を持たれた方、まずはお話しましょう!こちらからご応募ください!

https://www.wantedly.com/search?company_name=company_1827802&q=Asian+Tech+Co.%2C+Ltd.&t=projects

Asian Tech Co., Ltd.'s job postings
7 Likes
7 Likes

Weekly ranking

Show other rankings