1
/
5

目立つことが好き!料理も大好き!自分のやりたいことを真っすぐにやっていきたい

こんにちは!インターンの菅野です。

今回も、変な商社のメンバーの熱い想いや「変わった」ストーリーをお伝えしていきたい!ということで、各メンバーのインタビュー記事を続々と載せていこうというシリーズです。

前回の多田さんに続く2人目として、2021年4月に入社したばかりの椿きらら(つばききらら)さんにインタビューしました。椿さんはまだ20歳。現在変な商社で一番若いメンバーです!就活を終えて入社した椿さんのフレッシュさに目が眩みそうでした。ではどうぞ!!!


カフェの先輩がやっている仕事を早く覚えて一人前になる。ゆくゆくはデザートメニューや女性向けメニューを作りたい!


私は今年の4月1日に入社したので、今日で勤務開始から約3週間経ちました。飲食事業部に所属し、変な商社の運営するカフェテリアOasis@Lounge724で勤務しています。

そのため今は先輩方に、社会人としての基本的なマナーや調理などを教わっています。


私はお菓子作りが好きで家でも良く作るので、デザートメニューを考案したいと思っています。

また現在のメニューはガッツリとしたものが多く、女性向けの低糖質メニューなどの要望もH.I.S.の社員さんから上がっているので、そういったメニューの開発もしていきたいと思います。


目立つことが好き。人を支えることが好き

昔から、目立つことが好きでした。

小学校では委員会の委員長、スポーツクラブの部長でした。小6ではチア長(応援団長と一緒に動くチアリーダーの長)となりました。

中3からは応援団に入り、軍(赤軍、黄軍といったような分類)のチームリーダーとなりました。その時は軍の総括として、競技の戦法やダンス、パフォーマンスの曲や振り付け、替え歌などすべての戦略を立てていました。

                                  黄軍のチームリーダーでした

中高ではバレーボール部に入りました。スポーツが大好きですが、今はインドア派で休みの日は漫画やアニメを見て過ごしています。


                                     高校の球技大会の決勝


変な商社に最初に来た日の歓迎会で北尾さん金子さん宴会部*に勧誘されたので、これから宴会部の一員として変な商社を盛り上げていきたいと思います!

*社内の宴会やお客様との会食を盛り上げる部隊


進路に迷った学生時代

生まれは新潟で、高校卒業まで新潟で過ごしました。

                                      故郷の長岡花火大会


高校は家政科に進んだため、調理・保育・被服それぞれ検定1級を保持しています。

そのため、調理師・保育士・管理栄養士で進路に迷いました。


大学は姉が通っており、オープンキャンパスで雰囲気がいいと思った戸板女子短期大学に進みました。18歳で上京してきました。



当時は古着屋と飲食店でアルバイトをしていました。実は短大生の時には、アパレルの仕事に就きたかったんです。

でもアルバイトをしてみて、飲食の方が好きだと思うようになりました。


卒業間際に始めた就職活動

「就活って、何をしたらいいか分からない。やりたいことがない」

そんなことを思っており、2年生(卒業学年)になっても就職活動はしませんでした。


そんな私に両親は『やりたいことをやればいい。無理にやらなくていい』と言ってくれました。


最終的に卒業直前の今年2月から就職活動を始め、歯科医院の受付事務を2社受けました。しかし落ちてしまい、就活はそこでやめてしまいました。

しかし卒業直前の3月にカフェ巡りにハマり、「カフェ店員 正社員」で調べたところ、変な商社に出会いました。 


                                   短大の卒業式にて

変な商社との出会い

企業内カフェは珍しい。

朝仕事が始まる前や、夜仕事が終わった後、直接社員さんの役に立てる。


そう思って連絡したところ、人事の渋谷さんとお話しする機会があり、『この方めちゃくちゃ感じがいいな』と思って志望しました。

変な商社のカフェは、H.I.S.グループの会議にデリバリーに行ったりするなどいろいろなことをやりますが大丈夫そうですか?と確認されましたが、キャリアアップに繋がるからやりたい、と思いました。


現在はドリンクやランチの提供、調理補助などをメインに行っています。


                                    笑顔で提供します!!!


料理が上手になってきたことや、いつも来ていただく社員さんと顔見知りになりコミュニケーションが取れることが楽しいです。

あとOasis@Lounge724がInstagramを始め、その管理運営をやることになったので、SNS関連でフォロワーを増やすことも目標です。


変な商社は、良い意味でギャップがあった

私は内定を頂いて1週間くらいで入社したので、入社してから会社のことを知りました。

そして良い意味で、入社前とのギャップを感じました。


例えば常に皆が動いていて、大きいお金を動かしているのがかっこいい。

皆がやりたいことをそれぞれ明確に持っていて、積極的にやりたい!と言っている。

どこの会社よりも積極性が強いと思います。

メンバーのフレンドリーさ、仲の良さも魅力だと思います。


ただ今後はプライベートも大事にしていきたいと思っています。今は帰ったら疲れて、料理をしてすぐ寝てしまうので…本当は土日のどちらかは外に出ようと思ってるのですが。

料理を作ることが好きなので、いつも朝ごはんや夜ごはんは自炊します。昼ご飯はカフェのまかないを食べています。睡眠もしっかりと取り、家でしっかりと休めるようにしていきたいですね。


                            高3の時受けた食物調理検定の調理実技試験


学生へのメッセージ

私は就職活動で、当社を入れて3社しか受けていません。でも全部、心から行きたいところでした。

本当に行きたかったから、面接でもたくさんの想いをぶつけることが出来ました。


私の場合、やりたいところだけに絞ったのは良かったと思います。

でも皆さんには、私のように卒業直前とかにならないようにしてほしいです。(苦笑)


やりたくないことは無理にしなくていいとは思いますが、

ちょっとでもやりたいなと思ったら挑戦してみてほしいです!



椿さんは一見おっとりとしていますが、自分のやりたいことをしっかりと見つめていくことが出来る、芯の通った方だと思います。夜だけでなく朝からサラダやお味噌汁、卵焼きなどまで毎日しっかりと自炊しているとのことで、見習いたいと思いました。椿さんはまだ入社したばかりなので、また半年くらい経ってからお仕事について再び伺ってみたいと思います。椿さん、本当にありがとうございました!!

インタビュアー・ライター:菅野智子 kanno.tomoko@hennnatrading.com


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【プロフィール】 
椿きらら(つばききらら)
変な商社株式会社の飲食事業部にて接客・調理などを担当。新潟県長岡市出身、戸板女子短期大学卒業。
2021年4月に変な商社に入社。
メールアドレス:tsubaki.kirara@hennnatrading.com

変な商社株式会社's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more