This page is intended for users in Vietnam. Go to the page for users in United States.

自分だからこそつくれる理想の環境がある〜チームで切り開くアパレル業界の革新〜

パターン・デザイン課 リーダー パタンナー 平松 珠希


ー簡単に自己紹介をお願いします。

平松珠希です。2018年8月入社で、パターン・デザイン課のリーダーをしています。これまでグロウ社内でパタンナーという職種がいなかったので、最初の1人になります。子供が3人いて、子育てしながら働いています。趣味は韓国ドラマ鑑賞とスノーボードです!


ーパタンナーを目指したきっかけはなんでしょう?

本当は美容師になりたかったんですけど、もともと肌が弱くて、ずっと続けるのは難しいかなと思って。自分ができることを探していくうちに、デザインや写真を広く勉強できる服飾系短大を見つけて進学しました。その中で立体裁断を学ぶ機会があり、それからどんどんパターンにのめり込んでいきました。


ー平松さんは新人育成にすごく熱心だと聞いていますが、その思いはどこからくるのですか?

グロウに入社したきっかけにもなるのですが…これまでの会社では、同じチームであっても、個人で動く感じが強かったんです。それに、女性社員は基本的に結婚をしたら仕事を辞めるのが通例で。わたしはパターンの仕事が好きで、ずっと続けたいと思っていたので、いろいろ違和感を感じるようになっていたんですね。

個人よりもチームで動くことを意識してスキルやノウハウを共有できる環境をつくれば、結婚や出産を期に仕事を退いたとしても、また復帰できる環境をつくれるんじゃないかと。新人教育は、そういう考えや思いをもった人を増やすことにもなるので、自然と力が入ります。


ー個人で仕事をすることが多いパタンナーの方にとって、チームを意識した働き方は革新的ですよね。

そうですね。以前からチームで動かないことによるデメリットをかなり感じていて、このやり方ではもう限界だろうと思っていました。

たとえば同じブランドの商品・サイズでも、デザインや色によって着心地が違うことがたまにありますよね。細かいディテールとかを共有しないせいで、そういうことが稀に起こってしまうんです。小さいことでも共有しながらチームで連携して、一つのブランドとして同じ目線で作っていくほうが、いいものができると思ったんです。


ーその思いが強くなっていたところで、グロウに入社されたんですね。

以前の職場では、仕事を続けたくても続けられないなと思ったんです。だったら、自分で続けられる場所を作ろう!と。そういう思いに共感してくれて、環境づくりや若手の育成からできる場所を探していたところで、グロウと出会ったんです。

たまたま転職サイトで見かけて、求める人材像などをみたら「これ、わたしのことだ!」と思って(笑)絶対に入りたと思って受けました。


ー面接でのエピソードなどありますか?

一次面接では生産管理部マネージャーと営業本部長が面接官だったんですが、とにかく今まで働いていたアパレルの会社と、印象が違いすぎて驚きました。アパレルっぽくない!と(笑)グロウではアパレルじゃないところから転職してきている人も多いと聞いて、ますます全然違う!と思って。あと、たくさん商品をつくっているのに、生産の人数も少なくて「一体どうやってつくってるんだ!?」と驚くことが多かったです。


ー企業理念について、普段から意識しているところはありますか?

「物心両面の豊かさを追及する」という部分は特に共感していますし、入社の決め手にもなったワードです。

GROWはなぜ存在するのか?

“「革新的付加価値を創造し世界のあらゆる人々の物心両面の豊かさを追求する」

ありそうでなかった商品・サービスを創り、世界のあらゆる人々に様々な付加価値を提供することで、物心ともに豊かになって頂く。 それを追求し実現させることで全スタッフの人生、暮らしをより良く豊かにする。”

グロウに入る前からなんですが「できる方法を考える」ことを意識しています。最近気づいたことがあって。パタンナーの仕事って、インプットとアウトプットの繰り返しなんですよね。デザイナーさんがつくりたいデザインを読み取って、その考えをインプットする。それをパターンに起こして、工場さんに伝えることでアウトプットする。この繰り返しなんです。たまに、このデザインは実現出来ないかもしれないと思うこともあります。それでもなんとか答えを見つけて、実現させようと考えています。苦戦することもありますけど、できないと諦めるんじゃなくて、どうやったら実現するかを考えるようにしています。


ーグロウの強みは、なんだと思いますか?

コンパスが浸透していること。浸透しているからこそ、困難なことあがっても簡単に諦めず、なんとか実現させようとする人が多いと思います。

『コンパス』…グロウの指針となる8つの標語。

GROW COMPASS

1.誰にも負けない強い情熱を持つ!!

2.やるときめたことは最後までやる!!

3.出来る方法を考える!!

4.圧倒的スピード!!

5.一致団結の精神!!

6.利益にこだわる!!

7.成長し続ける!!

8.当事者意識を持つ!!


ー逆に足りないところはなんだと思いますか?

新人育成の体制です。個人個人ではスキルが高い人が多いんですが、それを後輩に伝える仕組みがまだ足りていないかなと思います。


ー平松さんが在籍するパタンナーの部署は新設されたばかりですが、今はどんな感じですか?

いよいよ始まるな、とわくわくしています。新人育成にも力を入れる予定なんですが、グロウに入る前からパタンナーの育成はずっと取り組みたかったことなのでとても楽しみです。

いずれマネージャーになって、もっと力を入れられるようになりたいです。


ー社内イベントで印象に残っているものはありますか?

社員総会ですね。私自身、総会というものに参加するのは初めてだったのですが、会社として目指すところを目で見て耳で聞けたことが、とてもよかったです。一年間がんばったメンバーが表彰されている所を見られるのも、モチベーションになってよかったと思います。

社員総会の様子はこちら

ー今後やってみたいことや、チャレンジしたいことはありますか?

グロウの製品をつくっている中国工場に出張に行くことです。生産管理のマネージャーにも前から誘ってもらっているのですが、育児もあってなかなか行けなくて。やはり自分の目で直接見て、話したいです。つくる上での微妙なニュアンスだったり…話したいことは山程あるので、行けるようになったら行ってみたいです。


ーグロウを一言で表すと?

熱い会社!


ー平松さんが熱いですもんね!

そうですね(笑)そこは誰にも負けないと思います!でもグロウは熱い思いを持って働いている人が本当

に多いです。やっと自分が探し求めていた会社に出会えた!と思ってます。

グロウ株式会社's job postings
10 Likes
10 Likes

Weekly ranking

Show other rankings